WindowsServerでアクセスログを取得する

共有フォルダーや、その中のファイルへのアクセスに関してのログ取得をする方法がないかと探してみたらありましたよ。

WindowsServer2008を使用しているのですが、
グループポリシーの編集(グループポリシーオブジェクトエディタ)にて、
コンピュータの構成→Windowsの設定→セキュリティの設定→ローカルポリシー→監査ポリシー
と進んで、



その中にある「オブジェクト アクセスの監査」のプロパティを表示させ
成功と失敗のチェックボックスをチェックしOKすると完了です。

【イベントビューア】のWindowsログ→セキュリティーでログが確認できます。

保存期間や保存方法も設定可能なので試してみてはいかがですか?


カテゴリー: システム開発 パーマリンク

1 Response to WindowsServerでアクセスログを取得する

  1. nag@ のコメント:

    さらに,対象となるファイルを右クリックして[プロパティ]-[セキュリティ]-[詳細設定]を選択し,[監査]タブで必要なオプションを構成する.
    ファイルやフォルダに対するNTFSアクセス許可を設定するものである.
    [監査]タブを開いて[追加]ボタンをクリックし,監査対象とするユーザーやグループ,操作内容といったオプションを設定する。特に限定しないのであれば,ユーザーとして「Everyone」,操作として「フルコントコロール」を指定.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 − = one

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください