Oracle open_cursorを変更する

今日はOracleネタを3つ
急にデータベースを変更すると昔のメモが役立ちます。
その為、サイトにも忘れないように・・・
昔よく処理がハングアップする事があった際、
Open_Sursorを大きくする事により回避しました。
その為、今も予防的措置として下記の通り変更します。

まず確認
show parameter open_cursors;

次に変更
alter system set open_cursor=1024;
※デフォルトは300。

カテゴリー: システム開発, データベース, Oracle パーマリンク

1 Response to Oracle open_cursorを変更する

  1. Nag@ のコメント:

    誤)alter system set open_cursor=1024;
    正)alter system set open_cursors=1024;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


9 − three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください