SQLServerトランザクションログを小さくする

気が付くと結構Logファイルが大きくなっていたりませんか?

そんなときには、物理ファイルを小さくするのがおすすめです。
前は、DBCCで圧縮してましたが、ManagmentStudioを使って、

まず、
1.データベースの復旧モデルを確認します。
 データベースの所で右クリック。プロパティで、「単純」、「完全」「一括ログ」いずれかを確認します。

2.ログファイルのバックアップを取ります。
 復旧モデルが「単純」以外の場合(単純の場合は3.へ)
 データベースの所で右クリック。「タスク」→「バックアップ」
 バックアップの種類は、「トランザクションログ」

3.トランザクションログを小さくします。
 データベースの所で右クリックし、「タスク」→「圧縮」→「ファイル」の順に選択します。
 ファイルの種類は「ログ」
 ファイル名は大きくなったトランザクションログファイルの論理名
 圧縮アクションは、未使用領域の解放前にページを再構成する。ファイルサイズを指定(あくまでも目安らしい)
 OK!で圧縮開始。

 圧縮されない場合は、データベースを誰かが使用しているかも?
 利用状況モニターで確認します。

 また、CHECKPOINTが実行されていない場合は、クエリで「CHECK POINT」を実行。
 実行後、再度3.を実施。

以上です。

 

カテゴリー: Windows, システム開発, データベース, SQLServer   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


one + 8 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>