SQLServer インデックスの再構築 (rebuild)

最近処理が重くなってきた!?
なんて思っていたところ、そういえば、インデックスって最適化してないなぁ~
と言うことで
Management Studioで実施してみました。

1.データベースを選択し、次にテーブルを選択。
2.テーブル内にインデックスのフォルダがあるので、そこで右クリック
3.すべて再構築をクリックするとポップアップが表示されるので、OKをクリックするとおしまいです。
4.個別に再構築をしたい場合、インデックスフォルダ内の各々のインデックスの所で右クリックすると
同じようにポップアップが表示されるので、OKをクリックします。
☆これで少しはSelectが早くなるかと思います。
インデックスの張り方も、3.の所の一番上にある「新しいインデックス」を選択すれば、
ポップアップが表示されるので、項目を選択してOK!!!

再構築を再構成の違いは、
「インデックス再構築と再構成の違い」を参照してください。

では。

カテゴリー: Windows, システム開発, データベース, SQLServer パーマリンク

1 Response to SQLServer インデックスの再構築 (rebuild)

  1. Nag@ のコメント:

    インデックスの再構築後にデータファイルの圧縮をすると、また、断片化するから、データファイル圧縮 (SHRINK)はしない方がいいよ!
    DO’s&DONT’s #7: やらない方がいいこと – インデックス再構築 (REBUILD) 後のデータファイル圧縮 (SHRINK)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


7 − four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください