robot.txtって

ユーザがウェブマスターツールにブロックされたURLになっている!?
検索した際、一覧に表示されない!との連絡があった><
サイトを確認したら、「robot.txt」があって内容は

User-agent: *
Disallow: /

これじゃあサイト全体を訪問しないで!ってなってるよ~
開発中だったので検索されないようにしていたって・・・お客さん~ ^^;;

サーバの管理者なら、ルート・ディレクトリに置くことができますが、違う場合は、メタタグを記述することでロボットを制御することができます。

記述規則
•下記のように、<head>~</head>’内に記述します。

<head>
<meta name=”robots” content=”index,follow”>
<title>・・・</title>
</head>
•「name」属性の値は「robots」と記述します。
•「content」属性の値として「index」「noindex」「follow」「nofollow」「all」「none」が定義されており、複数の値をカンマ(,)で区切って記述することができます。
•デフォルト(記述しない場合)は、「index,follow」(つまり、「all」)を意味します。
•「name」や「content」の値は、大文字で記述しても小文字で記述しても構いません。

index:ページの情報をインデキシング(登録)することを許す。
noindex:ページの情報をインデキシングすることを許さない。
follow:そのページに記述されているリンクを辿る(追跡する)ことを許す。
nofollow:そのページに記述されているリンクを辿ることを許さない。
all:ページの情報をインデキシングし、そのページに記述されているリンクを辿ることを許す(つまり、「index,follow」)。
none:ページの情報をインデキシングすることも、そのページに記述されているリンクを辿ることも許さない
(つまり、「noindex,nofollow」)。

敢えて検索させない為には、robot.txtを!

カテゴリー: システム開発   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


− one = 1

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>