phpで[input Type・・・]で504エラーになった件

php でアプリを作っていたのですが、

ちょっとした事で嵌りました。   (汗

MySQLのテーブルにデータを登録するのですが、

1件は問題なくINSERTできるのですが、

2件目の登録の際、504Getway Time-Outになり、

更新ができません。

項目が多かったので、ケアレスミスが原因では・・・と考え

色々と確認をしたのですが、特に問題がなし。

php内でHTMLを作成、print文で出力するようにしていたので

ヘッダー部、フッター部はテンプレートとして分かれて作成し、

Body部分を動的に変更していたのですが、ロジック上

タグ等おかしな箇所が見当たらない・・・?

1件であれば問題なく2件目以降に対して504エラー?

全然わからないので、最終的に全角文字部分に着目し、

文字化けしているわけではないのですが、全角スペースを削除する事にしました。

すると、504エラーなど発生せず、処理も問題ありませんでした。

今回、全角スペースが問題であったようですが、Webに関しては

全角文字は要注意なのかもしれませんね。 ^^;

 

カテゴリー: php, システム開発, データベース | タグ: | コメントする

新元号 令和対応について

マイクロソフトからWindowsUpdateが出るとは思いますが、
手動で更新ができないかと思い、調べたところ、
レジストリーに直接追加する事で対応可能できそうです。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras] で、
次のレジストリ キーを設定します。
“2019 05 01=”2019 05 01″=”令和_令_Reiwa_R”

確認は、
タスクバーの検索ボックスに「コントロール パネル」と入力して[コントロール パネル] を選択します。
[ 地域と時計] を選択し、[ 地域] を選択して形式を変更します。

[形式] を [日本語 (日本)] に変更します。

[ 追加の設定 ] ボタンを選択して [ 形式のカスタマイズ] を開きます。

[データ] タブを選択します。

[カレンダーの種類] を “和暦” に変更し、[OK] を選択して設定を適用します。

PCを再起動して、変更されている事を確認します。

取り敢えずこれで対応可能と思います。

カテゴリー: システム開発 | コメントする

これってバグなんじゃ?お名前ドットコムさん!

今のサイトのドメインを「.net」の後ろの部分なんですが、

追加しようと思っていくつか、お名前ドットコムで

購入したのですが、その時の話。

全部で4つ安いので購入したのですが、
その際、最後に購入したドメインがレンタルサーバ有りの契約となって
しかも、迷惑メールオプションまでついているという・・・?

気が付いたのが、翌日のメール

すぐに不要なので、解約手続きをとったのですが、よく見ると料金が発生するとの事

さくらインターネットとか2週間後は、放置すると解約となるのでそんなものかと思っていましたが・・・(汗

すぐにカスタマサポートにメール連絡すると

あなたが申し込んだだから3か月分の料金は発生するんだよ!

といった内容の回答。

こういうサイトって間違って登録してもクーリングオフがないんですね

ちなみに、契約した覚えがないので

バグじゃねーの?とおもっています。

というのは、最初のドメイン購入の際、にわからず進めて

「あれ?」と思ってブラウザの「戻る」を何度か行い

1度確認画面が1つ飛ばされている事は気づいていたのですが

特に追加の確認はなかったので気にしていなかったんですよね~

タイミングによってはPOST内容が削除されずに保存されたままなんじゃないのかなぁ

その旨を伝えたら返答なし・・・クレーマーと認定されたかな?  ^^;

でもちょっと、強制的に3か月はないんじゃないの?

そんなテストするとお金がかかっちゃうからできないけど、

そんな方々、たくさんいるんじゃないのかな?

悪どい商売だな

カテゴリー: システム開発 | コメントする

Anacron job ‘cron.daily’ on centos.centossrv.com

管理しているCentosサーバからメールが!

/etc/cron.daily/freshclam:

ERROR: Can't create temporary directory /var/lib/clamav/clamav-5ba7cd8bc48336bd8e4fc650805ea3d.tmp

前もあったと思うが前回も対応したので、

対応方法は以下の通り。

これは、テンポラリーディレクトリが作成できない!というエラーだから、権限を確認
すると「clamav」ではなく「clam」
前も変えたような気がしますが、

所有者を変更
chown -R clamav:clamav /var/lib/clamav

また、「/etc/logrotate.d/freshclam」も変更

/var/log/clamav/freshclam.log {
missingok
notifempty
create 644 clamav clamav
}

でもこちらは、clamavになってたよ!
なんでかな?

 

カテゴリー: CentOS | コメントする

Aipoの休日設定

年末近くなると来年のカレンダー、特に祝日の設定が気になります。
AIPOでは以前Patchが出ていて適用したのですが、2018年はまだ出ていません。そこで、わかっている休日だけでもと思い、適用したのですが・・・
holidays_default.properties
を読み込んで表示しているそうです。

また、決められた個人的な?お休みも
holidays_user.properties
を設定してあげれば反映されます。

一旦AIPOを停止し、適用後、再起動で確認できます。
(Centosでは確認済ですが、Windows版は場所が異なるかも)

では。

カテゴリー: Aipo, CentOS | 1件のコメント

VP-4300への印字ができない 0x8004005エラー

お客様からの障害報告にて、ドットインパクトプリンターの
EPSON VP-4300で伝票の印刷ができない旨の連絡を受けました。

前日までは、問題なく印刷ができていたそうです。
ネットワークプリンターなので、
ネットワークの疎通確認を行うと問題なし。

Windows10でテスト印刷を行うと問題なし。
Windows7(32Bit)でテスト印刷を行うと、印刷状況に一瞬表示されてすぐに消えてしまうのですが、印刷はされない!?

Windows7(32Bit)だけの問題!!!

調べると、朝一でWindowsUpdateが行われていたそうです。
WindowsUpdateの履歴を確認すると、以下の3つが行われていました。
KB4049016
KB4048957
KB2952664

取り敢えず、システムの復元にて、前日の履歴に戻すことで、
対応しました。

こういった場合、EPSONは改修ドライバーを出してくれるのでしょうか?
心配です。

カテゴリー: Windows, システム開発 | コメントする

MS-PowerPointの印刷

提案資料を作成し、いざ印刷となった時にヘッダー部とフッター部が広く、
横長な資料になってしまった。

ヘッダーとフッターだから[ファイル]→ [印刷]で
「ヘッダーとフッターの編集」で調整できると思いきや
出来ない。
Excelはできたのに・・・(-_-;)

フルページサイズのスライドなるものが、
設定にあるではないですか!
クリックし、内容を確認すると
「用紙に合わせて拡大/縮小」を選択すると両端がはみ出してしまったでは
ないですか!


ということは、どこかにサイズがあるはず!

[デザイン]を選択し、そのメニューの中に「スライドのサイズ」がありますので、それが「16:9」となっているのは「4:3」に変更すると
印刷のサイズがA4横サイズになります。

モニターが16:9だからって印刷サイズはA4なんだから4:3をデフォルトにしてほしいです。

カテゴリー: Windows, システム開発 | タグ: | コメントする

NASのバックアップを戻すには

バッファローのNAS(TeraStation)をUSBHDDでバックしているのですが、
間違って削除してしまったファイルを復活したい!
と思いNASの設定画面を見てみると、
そんな箇所が御座いません。

ネットワーク上のNASの配下には「USBDISK1」とあるのですが、
その中身はバックアップログのテキストのみ

マジ?バックアップ取ってなかったのか?
でも容量は結構消費している・・・

再度NASの設定画面を見ると
フォーマット形式が「EXT3」

Linux用のフォーマットか?

落ち着いて、バッファローのサポートサイトを見ると
「ETX3リーダー」というツールが提供されてる
これを使って読み出しが可能ということか!

詳細は、
http://153.127.244.43/pdf/2013-01-11/49819.pdf
に書かれているので、こちらを参考にしていただければと思います。
P.120あたりにあります。

くれぐれも、USBHDDの取り外しは慎重に!

では。

カテゴリー: システム開発 | コメントする

SoftBankからの請求が・・・

私の携帯電話の会社は、現在SoftBank。

それはもう、契約期間は20年近く、J-Phone?東京電話?の時代から継続している。
当時は、右も左もNTTDocomoばかりで、たまにIDOなどがいたが
カバーされる範囲が限られていて、また、ヘルツとかも違ったりで
肩身の狭い時代を過ごしてきて、現在に至る。

その間、いろいろな機種(デバイス?)を使用して
今じゃスマフォになりました。

で、
本題の請求ですが、年々増加の一途をたどり
家族一人一人が持って計4台。
の、請求となり、
インターネットもSoftBank光になり、子供がアパートを借りるとなれば、
電話回線を引くのは面倒なので、「SoftBank Air」なる無線Wifiを契約。

すべての通信手段をSoftBankさんにお願いしています。

そんなSoftBankからおかしな請求が・・・
今月から減るはずの請求金額が、逆に増えてるではありませんか?

おいおい!おかしいじゃん!
と、お問合せ先へメールをしたところ、翌日?
サポートセンターからお電話がありました。
しかし、SoftBankが無料で提供している迷惑電話ブロックに引っかかっているから
出なかったのですが、留守電にSoftBankの方からの内容が記録されていました。

で、157とかにかけ直したのですが、
相変わらずの「・・・の時は、1を押してください」とかになって
時間もないので、切って待つことに
すると、メールで返事が返ってきました。

そんなやり取りを何度かして、数日後、やっと電話で話ができました。
内容としては、
今まで引かれていた「おうち割」が4台中1台にしか適用されず、
3台分のおうち割分が増額されていたのです。

なんで?

そう!3月に子供がアパートを引き払った際、
「SoftBank Air」を解約したのですが、
3台はそちらに紐づいていて
1台はSoftBank光に紐づいていたのだそうです。

SoftBank光はそのまま契約しているのに、それはおかしいだろ!
と、控えめに言ってみたところ、受付の女性も大変理解していただき、
引かれなかった額を算出し、次の請求から減額する事になりました。

まだ、結果は出ていませんが、
とりあえず、わかって良かったです。m(_ _)m

でも、こちらが気がつかなかったら、
そのままって事ですか?

カテゴリー: 雑談 | コメントする

CentOSからエラー(freshclam)

月曜日

いつものようにメールを確認すると社内のCentoOSサーバからメールが・・・

/etc/cron.daily/freshclam:
ERROR: Can’t create temporary directory /var/lib/clamav/clamav-f793b00498b4279be5d9ed6abe7dce89.tmp

なんじゃ?

/var/lib/clamav/のディレクトリに新しくディレクトリが作成できない・・・らしい

所有者は?
clam

あれ?
clamav
じゃないの?
前も直したような・・・

以下のコマンドで所有者を変更
chown -R clamav:clamav /var/lib/clamav

freshclam
を実行してみると
Clamd successfully notified about the update.
となりました。

めでたし、めでたし!!

でも、なんで変更されていたの?

カテゴリー: システム開発 | コメントする